日テレNEWS
経済
2013年4月23日 1:12

経済財政諮問会議、財政健全化の議論開始

経済財政諮問会議、財政健全化の議論開始
(c)NNN

 政府は22日、経済財政諮問会議を開き、財政健全化の具体策に関する議論を開始した。

 経済財政諮問会議では、出席した有識者らから、安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果を持続的なものにするためには、財政健全化への取り組みが必要不可欠だとする意見書が出された。今後の国と地方の予算について、歳出額に上限を設けることなしには財政健全化は難しいと指摘している。

 これについて、甘利経済再生相は、22日に放送されたBS日テレの番組「ニッポンの大疑問α」で、「(歳出を)一律に抑えるのが一番簡単な方法だけれども、経済効果があったり、伸ばさなければいけない予算はしっかりと確保して、そして無駄を省くと、効率を上げるというところはうんと上げていくということで、メリハリを個々につけている」と述べた。

 政府は、今年夏の参議院選挙後をメドに、2015年度の基礎的財政収支の赤字幅を2010年度に比べて半減する目標の達成に向けた、取り組みの具体案を明らかにすることにしている。