日テレNEWS
経済
2013年4月24日 22:41

三菱自、5月中にも4000台超リコールへ

三菱自、5月中にも4000台超リコールへ
(c)NNN

 三菱自動車は24日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のバッテリーに発熱などの不具合があった問題で、5月中をメドにリコールを届け出ることを明らかにした。

 リコールの対象となるのは、「アウトランダーPHEV」約4000台、電気自動車「i-MiEV」と「MINICABーMiEV」約100台。

 アウトランダーPHEVでは、バッテリーに発熱や発火などの不具合が3件発生していて、原因を調査していた。調査の結果、検査の工程で作業員が誤ってバッテリーを落下させたことで一部が変形したことが原因と判明した。

 三菱自動車は、再発防止策を検証するとともに、5月中をメドに国土交通省にリコールを届け出る予定。