日テレNEWS
経済
2013年6月11日 19:04

日経平均196円安 終値1万3317円

日経平均196円安 終値1万3317円
(c)NNN

 11日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日比196円58銭安の1万3317円62銭だった。

 午前中の取引では、前日に日経平均株価が急上昇した反動から売り注文が先行したが、円安・ドル高傾向となっていることから、輸出関連の株などが買われた。しかし、日銀の金融政策決定会合の結果を控えて様子見ムードとなり、取引は前日の終値(1万3514円20銭)を挟んだ小幅な動きとなった。

 10日と11日に開かれた日銀の金融政策決定会合で、このところの金利の乱高下への対策が打ち出されるか一部に期待もあったものの、現状の政策維持で追加策はとられなかったため、円相場が円高に振れた。また、株価指数先物が売られたこともあわせ、日経平均株価も一時200円以上値を下げ、1万3300円を割り込む場面もあった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆7149億円。売買高は概算で35億4489万株。