日テレNEWS
経済
2013年7月4日 15:04

カネボウ化粧品自主回収、相談窓口を設置

カネボウ化粧品自主回収、相談窓口を設置
(c)NNN

 カネボウ化粧品は、製造販売する美白の化粧品で肌にトラブルが出たとして、製品の自主回収を発表した。

 夏坂真澄社長「お客様、関係各位に多大なるご迷惑とご心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」

 回収の対象となるのは、カネボウ化粧品が製造販売する美白製品の乳液や化粧水など計8種類54の製品。「ブランシール」や「スイサイ」、「トワニー」などのブランドの製品が含まれる。

 利用した39人に「肌がまだらに白くなった」などの症状が確認されたという。対象の製品には、独自に開発した「ロドデノール」という成分が配合されていて、カネボウは症状との関連性が心配されるとして、この成分が配合されている全ての製品の回収を決めた。

 カネボウによると、対象商品の利用者は全国で約25万人にのぼり、推計で45万個ほどが出回っているという。

 【相談窓口】0120-137-411