日テレNEWS
経済
2013年7月23日 22:28

経済財政白書「デフレから反転する兆し」

経済財政白書「デフレから反転する兆し」
(c)NNN

 政府は23日、日本経済が「長引くデフレから反転する兆しが現れている」とする2013年度の経済財政白書を公表した。

 今回の白書は「経済の好循環の確立に向けて」との副題で、デフレからの早期脱却と、民需主導の持続的な経済成長の実現を最優先課題としている。

 白書は、金融政策、財政政策、成長戦略の「3本の矢」に一体的に取り組む「アベノミクス」により景気は持ち直しに転じており、長引くデフレから反転する兆しが現れていると分析している。

 一方で、日本の財政は非常に厳しい状況にあり、できるだけ早期に財政赤字の縮小と債務残高の抑制を進め、持続可能な財政構造を実現することが課題となっているとしている。このため、年金や医療、福祉など社会保障分野の給付の重点化や効率化を行うことが必要だと指摘している。