日テレNEWS
経済
2013年7月29日 20:28

消費増税、経済成長損なわず~日銀総裁

 日本銀行・黒田総裁は29日、消費税率の段階的な引き上げを行っても「日本経済の成長が大きく損なわれることはない」との認識を示した。

 黒田総裁は29日、東京都内で講演を行い、4月に導入した大幅な金融緩和策について「『金融市場』『人々の期待』『実体経済・物価』で起きている3つの好転に、重要な要因として貢献している」と述べ、改めて、デフレ脱却に向けて「うまく進んでいる」と強調した。

 一方、消費税率が14年4月から8%に、15年10月から10%に段階的に引き上げられることについては、「消費税の2段階の引き上げで、日本経済の成長が大きく損なわれるということにはならない」との認識を示した。

 その上で、政府に対し、「日本再興戦略」を着実に実行し、持続可能な財政構造を確立するための取り組みを着実に推進するよう求めた。