日テレNEWS
経済
2013年8月1日 17:35

日経平均終値、1万4千円台を回復

日経平均終値、1万4千円台を回復
(c)NNN

 1日の東京株式市場で、日経平均株価は大きく値を上げ、終値は前日比337円45銭高の1万4005円77銭。先月26日以来、4営業日ぶりに1万4000円台を回復した。

 東京株式市場では、前日に200円余り値を下げた反動に加え、決算が好調な企業の銘柄を中心に買い注文が入り、日経平均株価は値を上げた。また、東京外国為替市場で、円相場が1ドル=98円台後半まで円安に傾いたことや、中国で発表された7月の景気の指数が市場予想を上回ったことでアジア市場が値上がりしたことも、東京株式市場の株価を支える要因となった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆2106億円、売買高は概算で26億952万株。