日テレNEWS
経済
2013年8月8日 13:09

食料自給率、3年連続で40%割る

食料自給率、3年連続で40%割る
(c)NNN

 日本の食料自給率が3年連続で40%を下回った。

 農林水産省が発表した2012年度の食料自給率は、カロリーベースで39%となった。これは3年連続で同じ水準で、調査を始めた1960年以来、3番目の低さ。

 2012年度は天候に恵まれたことから、前年度と比べてコメと麦、大豆の生産量は増えた。しかし、コメの価格が上昇した影響でコメの消費量が減少したことで、自給率は横ばいとなった。