日テレNEWS
経済
2013年8月12日 11:01

日本のGDP、3期連続のプラスに

日本のGDP、3期連続のプラスに
(c)NNN

 内閣府が12日朝に発表した今年4月から6月のGDP(=国内総生産)は、個人消費の伸びなどから3期連続のプラスとなった。

 日本の今年4月から6月の実質GDPは、前期比プラス0.6%、年率に換算してプラス2.6%で、3期連続のプラス成長だった。外食や金融サービスなど「個人消費」は、前期比プラス0.8%、年率に換算してプラス3.1%と、力強い伸びが続いていることがGDPを押し上げた。

 また「輸出」が、円安を背景に、自動車や海外からの旅行客の増加によりプラスとなった。

 一方、増加が期待されていた企業の設備投資は、前期比マイナス0.1%、年率に換算でマイナス0.4%となり、マイナス幅は縮小したものの依然としてマイナスが続いている。

 発表後の会見で甘利経済再生相は、今後、予算や税制などあらゆる手段で設備投資の増加を目指したいと話した。

 今回のGDPについて政府は、来年消費税率を引き上げるかどうかを今年秋に判断する際の、重要な要素の一つとしている。