日テレNEWS
経済
2013年8月12日 18:28

カネボウ、品質管理部門など花王に統合

カネボウ、品質管理部門など花王に統合
(c)NNN

 美白化粧品でまだらに肌が白くなる被害が出ている問題で、カネボウ化粧品は12日、品質管理部門と相談窓口を親会社の花王に統合した。

 統合された品質管理部門は、新しい成分の安全性を社内で審査し、消費者から寄せられた相談の分析を行う。また、相談窓口では、花王とカネボウが共有する情報システムの運用を強化する。消費者が問い合わせる時の電話番号などはこれまでと変わらない。

 カネボウには11年10月に被害の相談が寄せられていたが、担当者が病気だと思い込み、対応が遅れた。カネボウによると、肌がまだらに白くなる被害は、今月4日時点で5702人に上っているという。今後も被害の拡大が予想されるため、花王主導で再発防止に向けた取り組みを強化した。