日テレNEWS
経済
2013年10月4日 21:33

TPP年内交渉妥結遠のいたとの見方広がる

TPP年内交渉妥結遠のいたとの見方広がる
(c)NNN

 8日に予定されていたTPP(=環太平洋経済連携協定)の首脳会合を、議長国・アメリカのオバマ大統領が欠席する事になった。これにより、交渉の年内妥結は遠のいたとの見方が広がっている。

 オバマ大統領の欠席は4日午前、TPP閣僚会合の最中にアメリカのフロマン通商代表から伝えられた。また、TPP首脳会合についてはケリー国務長官が出席するので予定通り開催してほしいとの要請があった。

 甘利経済再生相「まあ、みんな突然の事で戸惑って、慌てて本国に打診しているようでありました」

 難航する分野の詰めの協議が続く中、首脳の決断が期待されていた今回の交渉をオバマ大統領が欠席する事で、今後、アメリカ側が譲歩を迫られる可能性もあり、交渉の年内妥結は遠のいたとの見方が広がっている。