日テレNEWS
経済
2013年11月15日 17:17

消費増税時の自動車取得税引き下げを要望

消費増税時の自動車取得税引き下げを要望
(c)NNN

 自動車業界の団体は15日、消費税引き上げの際に、自動車関連の税負担を軽くすることを訴える要望書を発表した。

 日本自動車工業会・豊田章男会長「消費税が引き上がれば、自動車の税負担が増え、復活しつつある経済、雇用に影響を与える」

 要望書には、消費税率が8%に引き上げられる際に自動車取得税を3%引き下げることが盛り込まれた。

 また、政府の方針では、消費税10%の際に自動車取得税を廃止することになっているが、その代わりの財源として浮上している「軽自動車税の増税」について、反対した。全国軽自動車協会連合会の松村会長は、「軽自動車のユーザーは収入の低い人が多く、一家に複数台を所有すると税負担が大きくなる」と訴えた。

 団体は、この要望書を政府・与党に提出し、年末の税制改正に向けて税負担の軽減を求める構え。