日テレNEWS
経済
2014年1月6日 16:29

東証株価、今年初日の取引は大きく値下がり

東証株価、今年初日の取引は大きく値下がり
(c)NNN

 東京株式市場は6日、今年最初の取引で株価が大きく値下がりした。

 今年最初の取引となる「大発会」が行われた東京株式市場は、昨年末に株価が9日連続で値を上げた反動から、利益を確定するための売り注文が優勢となった。外国為替市場で円高の傾向にあることも株価の値下がりに拍車をかけた。

 初日の取引を終了した東京株式市場で、日経平均株価の終値は昨年末比382円43銭安の1万5908円88銭と、1万6000円を割り込んで6日の取引を終えている。