日テレNEWS
経済
2014年1月14日 16:23

日経平均489円安 終値1万5422円

日経平均489円安 終値1万5422円
(c)NNN

 14日の東京株式市場で日経平均株価は大きく値を下げ、終値は先週末比489円66銭安の1万5422円40銭。

 先週末に発表されたアメリカの雇用統計が市場予想を下回ったことなどアメリカの景気の先行きへの警戒感から、ドルを売る動きが強まった。円相場は14日未明の海外の外国為替市場で約1か月ぶりに一時1ドル=102円台まで円高ドル安が進んだ。この流れを受け、連休明けの東京株式市場では取引開始から売り注文が広がり、日経平均株価は大きく値を下げた。午後も日経平均株価の下げ幅は拡大し、一時500円以上になる場面も見られるなど、輸出関連株を中心に売り注文が膨らみ、ほぼ全面安の展開だった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆8619億円、売買高は概算で30億1763万株。