日テレNEWS
経済
2014年3月3日 21:56

女性の活躍促進「なでしこ銘柄」26社認定

 女性の活躍を促進している上場会社を認定する「なでしこ銘柄」が3日、発表された。

 東京証券取引所と経済産業省は去年から、東証1部に上場する企業のうち、女性の活躍を積極的に後押ししている企業を選び、なでしこ銘柄に指定している。

 3日に発表された今年度のなでしこ銘柄には計26社が選ばれた。昨年度に続いて、「東レ」や「旭硝子」「住友金属鉱山」「日産自動車」「ニコン」「東京急行電鉄」「KDDI」の7社が選ばれた他、「国際石油開発帝石」「カルビー」「武田薬品工業」「ブリヂストン」「ジェイエフイーホールディングス」「LIXILグループ」「IHI」「日立製作所」「トッパン・フォームズ」「大阪瓦斯」「日本郵船」「ANAホールディングス」「三菱商事」「ローソン」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「野村ホールディングス」「東京海上ホールディングス」「オリックス」「ツクイ」の19社が、今回初めて選ばれた。

 経産省はこの事業で、女性の活躍を推進する企業への投資家の関心を高め、取り組みを加速化させたいと話している。