日テレNEWS
経済
2014年5月30日 20:48

大手企業46.7%がベア 経産省中間集計

 大手企業の賃上げの状況を調査している経済産業省は30日、これまでに回答のあった927社のうち、半数近くがベースアップをしたとの中間集計を公表した。

 経産省は、東証1部に上場している大手企業1762社を対象に今年の春闘の結果を踏まえ賃上げを行ったかどうかの調査を行っている。30日に発表された中間集計では、今月14日までに回答のあった927社のうち46.7%がベースアップを行ったことが分かった。このうち7割以上の企業が6年以上ぶりにベースアップを実施したと回答している。

 経産省は引き続き調査を続け、8月をめどに最終結果を公表する予定。