日テレNEWS
経済
2014年7月10日 21:03

ベネッセの流出情報、ジャストシステムに

ベネッセの流出情報、ジャストシステムに
(c)NNN

 ベネッセホールディングスの子会社から最大で約2070万件の個人情報が外部に持ち出された問題で、流出した個人情報は、別の通信教育事業者「ジャストシステム」に売られていたことが分かった。

 ベネッセから持ち出された顧客の名前や住所などの情報は、複数の名簿業者を通して、小中学生向けの通信教育などを展開する、「ジャストシステム」に売られていたことが分かった。

 ジャストシステムは、名簿業者から購入した情報を元に、勧誘のダイレクトメールなどを送っていたという。ジャストシステムは「ベネッセから流出した情報と認識したうえでこれを利用したという事実は一切ない」と、コメントしている。

 一方、経済産業省はベネッセに対し、情報が流出した経緯について17日までに報告するよう求めた。情報管理が不十分だった場合、行政処分の可能性もある。