日テレNEWS
経済
2014年10月15日 17:59

再生可能エネ 買い取り制度見直し議論開始

再生可能エネ 買い取り制度見直し議論開始
(c)NNN

 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しに関する議論が本格的に始まった。

 15日に経済産業省で開かれた有識者会議「新エネルギー小委員会」では、再生可能エネルギーの普及拡大で、電気料金の上乗せなどの企業や家庭への負担が最終的にどのくらいかかるかを明らかにすることや、国民がどの程度負担を許容できるかアンケートを実施するべきだとする意見など、論点が示された。

 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を巡っては、九州電力など5社が先月、急増した太陽光発電が受け入れ能力を超えるなどとして接続を保留したため、発電事業者などに混乱が生じている。

 経済産業省は有識者会議での議論をもとに、年内をめどに固定価格買い取り制度の具体的な改革案をとりまとめる方針。