日テレNEWS
経済
2014年11月13日 16:06

日経平均 3日連続で年初来高値を更新

日経平均 3日連続で年初来高値を更新
(c)NNN

 13日の東京株式市場で日経平均株価は3日続けて年初来高値を更新し、終値は前日比195円74銭高の1万7392円79銭。

 13日午前の取引開始直前に発表された、機械受注統計では民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」が前の月に比べて2.9%増え、市場の予想を上回る内容だったが、投資家の反応は乏しかった。しかし、その後、衆議院解散などを巡る与党幹部らの発言が相次いだことを受けて、消費税増税は先送りされるとの見方が強まり株が買われる展開となった。終値は、2007年10月11日以来、約7年1か月ぶりの高値。

 東証1部の売買代金は、概算で2兆5665億円。売買高は、概算で24億6788万株。