日テレNEWS
経済
2014年11月20日 23:12

1ドル=118円台後半に 7年3か月ぶり

1ドル=118円台後半に 7年3か月ぶり
(c)NNN

 東京外国為替市場で円相場が1ドル=118円台後半をつけた。

 東京外国為替市場で円安・ドル高がすすみ、2007年8月以来約7年3か月ぶりに1ドル=118円台後半をつけた。

 アメリカで長期金利が上昇し日米の金利差が拡大するとの見方から円を売ってドルを買う動きがすすんだ。

 「近く1ドル=120円まで下落する可能性もある」と指摘する市場関係者もいる。