日テレNEWS
経済
2014年12月22日 19:05

マツダ、1月から国内調査リコール開始へ

 大手自動車部品メーカー「タカタ」製エアバッグを巡る問題で、「マツダ」は国内で実施する調査を目的としたリコールの詳細を発表した。

 マツダは、既に調査を目的としたリコールを国内で実施すると発表していたが、開始時期など詳細は決まっていなかった。対象は、2004年から2008年に生産されたアテンザとRX-8の2車種、約3万8000台。来年1月から順次リコールを開始する。利用者にはダイレクトメール等で通知するとしている。

 一方、「ホンダ」は22日、調査を目的としたリコールを沖縄県で開始したと明らかにした。対象は635台で、実施地域は高温多湿の地域から順次広げる予定だとしている。