日テレNEWS
経済
2015年2月23日 20:24

1月スーパー売上高、10か月連続マイナス

1月スーパー売上高、10か月連続マイナス
(c)NNN

 1月の全国のスーパーの売上高は、10か月連続でマイナスとなった。

 日本チェーンストア協会によると、1月の全国のスーパーの売上高は1兆1053億円で、去年に比べて1.7%減となった。これで、消費税率が8%に引き上げられた去年4月から10か月連続で、前年の売り上げを下回ったことになる。

 食料品の売り上げは、去年に比べて0.9%増と好調に推移したが、衣料品は気温が上昇した影響で冬物商品が伸びず、約10%売り上げが落ち込んだ。

 日本チェーンストア協会は、賃金の上昇による消費の改善やエネルギー価格の下落で、「春以降、消費の潮目も変わってくるのでは」と分析している。