日テレNEWS
経済
2015年3月18日 10:38

貿易赤字2年8か月連続 79年以降最長

 今年2月の日本の貿易収支は、2年8か月連続で赤字となった。しかし、原油価格が大きく下落した影響で赤字幅は縮小している。

 財務省が18日に発表した2月の貿易統計によると、アメリカ向けの自動車や、ベトナムや台湾向けのスマートフォン用の電子部品の輸出が増えたことなどから、輸出額は去年の2月に比べ2.4%プラスの5兆9411億円となった。一方、輸入額は原油価格の下落で中東からの原油の輸入額が大きく減ったことなどから、3.6%マイナスの6兆3657億円となっている。輸入額の減少は2か月連続。

 輸出額から輸入額を差し引いた2月の貿易収支は、4246億円の赤字で、比較可能な1979年以降最長となる2年8か月連続の赤字になった。