日テレNEWS
経済
2015年8月4日 1:32

スカイ再生案 債権者への手紙を独自入手

スカイ再生案 債権者への手紙を独自入手
(c)NNN

 民事再生手続き中の航空会社スカイマークの再生計画案について、債権者へ送付された手紙を日本テレビが独自に入手した。

 スカイマークをめぐっては、スカイマークがANAホールディングスなどを支援企業とする再生計画案をまとめているが、最大の債権者であるアメリカの航空機リース会社イントレピッド・アビエーションがANAの支援に反対してアメリカのデルタ航空を支援企業とする案を裁判所に提出している。双方の案は5日に債権者の投票にかけられる予定だが、どちらの案が可決されるかは予断を許さない状況。

 そのような中、双方が債権者に送付した手紙を日本テレビが独自に入手した。ANAなどが送付した先月21日付の手紙は、「デルタ航空がどのような権限等を要求してくるか不明」などとして、「イントレピッド案は、極めて不確実なものと言わざるを得ない」と指摘している。

 一方、翌日付でイントレピッドが送付した手紙には、海外からの顧客需要を取り込めるため、「デルタ航空がスポンサーとなることで、スカイマークの国内市場における優位性は高まる」と反論している。

 債権者の支持を得るための双方の綱引きは、ギリギリまで続きそうだ。