日テレNEWS
経済
2015年8月25日 15:05

日経平均733円安 終値1万7806円

日経平均733円安 終値1万7806円
(c)NNN

 中国の動きなどを受け東京株式市場の日経平均株価は25日、大きく値下がりした後、乱高下した。

 世界的な株安の流れを受けた東京株式市場は25日朝方、一時、800円以上値下がりし、約半年ぶりに1万8000円を割り込んだ。その後は、このところの値下がりの反動や中国上海株の下落幅が縮小されたことなどを受け、急速に買い戻しが入り、一時、24日より250円以上、値上がりする場面も見られた。しかし、その後、株価は再び下落するなど値動きが激しい展開となり、25日の日経平均株価・終値は、前日比733円98銭安の1万7806円70銭。6日連続で値下がりした。

 中国景気の先行きに対する不安感は依然根強く、市場ではしばらくは不安定な値動きが続く展開となりそうだ。