日テレNEWS
経済
2015年8月25日 16:50

733円安 約半年ぶり1万8千円割り込む

733円安 約半年ぶり1万8千円割り込む
(c)NNN

 25日の東京株式市場で日経平均株価は700円以上値を下げ、約半年ぶりに1万8000円を割り込んだ。終値は前日比733円98銭安の1万7806円70銭。

 25日の東京株式市場で日経平均株価は、取引が始まるとほどなく800円近く値を下げ、約半年ぶりに1万8000円を割り込んだ。その後、ここまで値下がりが続いていることなどから買い戻しが入り、一時は24日より250円以上値上がりする場面も見られた。上海の株式市場では中国政府の介入と見られる動きもあったが総合指数は下げ止まらず、これを受けて日経平均株価は取引終了にかけて再び急落した。世界の市場で不安の連鎖は止まらず、東京株式市場の日経平均株価は6日連続の値下がりとなった。

 東証1部の売買代金は、概算で4兆9240億円。売買高は、概算で47億4004万株。