日テレNEWS
経済
2016年2月18日 8:16

NY株257ドル高 原油先物の上昇受け

NY株257ドル高 原油先物の上昇受け
(c)NNN

 17日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は原油先物相場の上昇を受け、約260ドル値を上げ取引を終えた。

 17日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は前の日の終値から257ドル42セント値を上げ1万6453ドル83セントで取引を終えた。またハイテク株が中心のナスダック総合指数も98.11ポイント上げて4534.06だった。

 この日のニューヨーク市場はサウジアラビアやロシアなどが原油減産をめぐり会合を行った事で原油の過剰供給が止まるという期待感が広がり、原油先物相場は1バレル=31ドル台まで上昇した。これにより石油関連株が幅広く買われた他、ヨーロッパ市場が値を上げた事などが買い材料となった。ダウ平均が3日続けて値を上げたのは今年に入って初の事。

 市場関係者は「原油減産に関する会合があった事を市場が一歩前進と受け止めたとは言える。一方でイランの動向など需給見通しは不確定要素を抱えていてしばらく不透明感が漂うのではないか」と話している。