日テレNEWS
経済
2016年5月17日 16:38

日経平均 円安傾向も積極的な売買ならず

日経平均 円安傾向も積極的な売買ならず
(c)NNN

 17日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げた。終値は前日比186円40銭高の1万6652円80銭。

 前日のアメリカ市場で株価が上昇したことを受けて、東京市場でも買い注文が多く入った。また、円相場が1ドル=109円前後と円安傾向になったことから、輸出関連企業の採算悪化への懸念がやわらぎ、株価を押し上げた。

 ただ、1~3月期のGDP(=国内総生産)速報値の発表を18日に控え、様子見をする投資家が多く、積極的な売買にはつながらなかった。

 東証1部の売買代金は概算で1兆8988億円、売買高は概算で17億8445万株。