日テレNEWS
経済
2016年5月18日 22:18

三菱自、パジェロなども“机上計算”

三菱自、パジェロなども“机上計算”
(c)NNN

 三菱自動車は18日、燃費偽装の原因について「燃費目標達成のための業務を子会社に丸投げしていた」などとした調査結果を明らかにした。

 三菱自動車は18日の会見で、燃費偽装の原因について、燃費目標達成の難しさを認識しながらも、目標達成の実務を子会社に丸投げの状態だったとする調査結果を明らかにした。

 また、開発当時、本社の性能実験部の部長と管理職の2人は、子会社の管理職に対し、良いデータの出やすい温暖なタイで燃費に有利になるデータをとってくるよう指示していたことなども明らかにした。

 しかし、結局、目標達成に必要なデータはとれず、子会社の管理職は改ざんしたデータを提出したが、本社の管理職は不正なデータと知りながら承認したという。

 三菱自動車・相川哲郎社長「開発のトップが、もっともっと現場を知るべきだったと思っているところです」

 一方、ハイブリッド車「アウトランダーPHEV」と「アウトランダー ガソリン車」「デリカD:5」「パジェロ」「RVR」でも机上計算したデータを国に提出していたと明らかにした。

 今回の責任をとり、相川社長と中尾副社長は来月下旬に行われる株主総会で辞任する。