日テレNEWS
経済
2016年7月1日 0:13

英離脱へ 森トラスト、投資一部留保の考え

英離脱へ 森トラスト、投資一部留保の考え
(c)NNN

 森トラストの新社長に就任した伊達美和子氏は、イギリスのEU離脱決定を受けて、1000億円規模の投資案件を留保する考えを明らかにした。

 森トラスト・伊達美和子新社長「今回のEU離脱を受けて、経済環境が変わるので、少し様子を見ようということで、いくつかは留保することにしています」

 伊達社長は、2027年度までに、6000億円から8000億円規模を、オフィスやホテルなどの事業に投じる計画を打ち出したが、イギリスのEU離脱決定を受けて、そのうち1000億円については様子を見るという。

 また、今の円高で、日本の不動産に割高感が出ることが懸念材料だとする一方、「投資先がロンドンをはじめとしたヨーロッパから日本に移るのではないか」と、海外投資家の日本への投資意欲の高まりに期待感も示した。