日テレNEWS
経済
2016年8月26日 22:27

サバ漁船数増やさないよう努力 露など合意

サバ漁船数増やさないよう努力 露など合意
(c)NNN

 北太平洋で中国によるサバの漁獲量が急増していることなどをうけ、日本や中国、ロシアなどは、サバ漁船の数をこれ以上増やさないよう努力することで合意した。

 北太平洋のサバ漁をめぐっては、中国の漁獲高が1年で約5倍に急増するなど、資源の枯渇を懸念する声があがっている。

 日本や中国、ロシアなど6つの国と地域は、東京都内で26日まで北太平洋漁業委員会の会議を開き、違法な漁船の入港を禁止することを決めたほか、公海上でサバ漁を行う漁船の数をこれ以上増やさないよう努力することで合意した。

 日本は当初、漁船の数を増やすことを「禁止」することを求めていたが、数の規制をすることに中国が反発したことから、努力目標とすることで折り合った形。このためどこまで実効性があるかは不透明。