日テレNEWS
経済
2016年9月5日 17:00

日経平均 1万7000円台3か月ぶり回復

日経平均 1万7000円台3か月ぶり回復
(c)NNN

 5日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げ、約3か月ぶりに1万7000円台を回復した。終値は先週末比111円95銭高の1万7037円63銭。

 2日の欧米市場が軒並み株高となったことを受け、東京株式市場も取引開始直後から大きく値を上げた。午前中は上げ幅が200円を超えたが、午後に入ると、円相場が若干、円高方向に動いたため、徐々に上げ幅を縮めた。それでも、日経平均株価の終値は5月31日以来、約3か月ぶりに1万7000円台を回復した。

 ただ、5日はアメリカの株式市場が祝日で休場のため、東京株式市場でも取引が少なく、東証1部の売買代金は概算で1兆7400億円と活況の目安とされる2兆円を下回った。売買高は概算で17億5010万株。