日テレNEWS
経済
2016年9月8日 7:40

追加利上げ巡る見方きっ抗 ダウ11ドル安

追加利上げ巡る見方きっ抗 ダウ11ドル安
(c)NNN

 7日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、早期の追加利上げを巡る見方がきっ抗し、売りと買い双方の動きが見られる中で、ダウ平均株価は10ドルあまり値を下げた。

 7日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価は前日比11ドル98セント安の1万8526ドル14セントで取引を終えた。一方、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は8.02ポイント上げて5283.93と、2日続けて史上最高値を更新した。

 この日は、地方連銀の総裁が追加利上げに前向きな発言をしたことから、利益確定のための売りが優勢で始まった。しかし、午後には、発表された経済報告が予想より振るわなかったことから、早期の追加利上げはないとの見方が広がったほか、原油価格が上昇したことなどで市場を下支えする動きが強まった。この日、新型の「iPhone7」を発表したIT大手のアップルも買われている。

 市場関係者は「市場は全体的な方向性を欠いており、しばらくは様子見の展開が続くのではないか」と話している。