日テレNEWS
経済
2017年2月8日 16:42

日経平均 1週間ぶり1万9000円台回復

日経平均 1週間ぶり1万9000円台回復
(c)NNN

 8日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げ、1週間ぶりに1万9000円台を回復した。終値は前日比96円82銭高の1万9007円60銭。

 前の日のアメリカ市場で株価が上昇したことなどを受け、東京市場でも買い注文が優勢となった。また、決算で好業績を発表した企業の株などが買われた。一方、円相場が円高に傾くとマイナスに転じる場面もあったほか、今週末の日米首脳会談を控え、市場では様子見ムードも強まっている。

 東証1部の売買代金は概算で1兆9826億円と市場の活況の目安となる2兆円を下回った。売買高は概算で16億4171万株。