日テレNEWS
経済
2017年2月13日 11:00

実質GDP+1.0% 4期連続プラス成長

実質GDP+1.0% 4期連続プラス成長
(c)NNN

 去年10月から12月の実質GDP(=国内総生産)の成長率は、年率でプラス1.0%と、4期連続のプラス成長となった。

 去年10月から12月のGDP成長率は、実質で前の3か月と比べて0.2%のプラス、年率に換算すると1.0%のプラスだった。プラス成長は、4期連続。

 項目別では、輸出が自動車や半導体などの増加でプラス2.6%の高い伸びとなり全体の数字を押し上げた。また、設備投資は、0.9%のプラスとなった。

 一方、個人消費は生鮮野菜の値上がりなどが響きマイナス0.01%とふるわなかった。

 今後について石原経済財政担当相は、トランプ大統領の発言で為替が動くことを指摘した上で、海外経済の動きに注意が必要だと分析した。