日テレNEWS
経済
2017年2月27日 16:28

日経平均 円高進行で一時1万9千円割れも

日経平均 円高進行で一時1万9千円割れも
(c)NNN

 27日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げた。終値は先週末比176円07銭安の1万9107円47銭。

 外国為替市場では円相場が1ドル=111円台後半をつけるなど円高・ドル安が進み、東京株式市場では輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られた。一時、下げ幅は200円を超え株価が1万9000円を割る場面もあった。午後になると、円高傾向がやや落ち着いたことなどから、下げ幅を縮めた。

 アメリカ・トランプ大統領の議会演説を控え、市場ではその内容に対する警戒感が強まっている。そのため、リスクを避けるための売り注文も出た。

 東証1部の売買代金は概算で2兆1394億円、売買高は概算で18億3833万株。