日テレNEWS
経済
2017年3月16日 16:22

日経平均小幅高 日銀の現状維持発表で

日経平均小幅高 日銀の現状維持発表で
(c)NNN

 16日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に値を上げた。

 日経平均株価の終値は15日の終値に比べて12円76銭高い1万9590円14銭。アメリカの中央銀行にあたるFRB(=連邦準備制度理事会)が追加利上げを発表したが、今後の利上げのペースが緩やかになるとの観測が広がったことなどからドルが売られ、外国為替市場で円相場が1ドル=113円台前半と大きく円高に傾いた。

 そのため、東京市場も値を下げて取引を始め、下げ幅は一時120円を超えた。しかし、日銀の金融政策が現状維持と発表され、波乱がなく安心感が広がり、値が下がった株を買い戻す動きが進み、わずかに値を上げて取引を終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆1590億円、売買高は概算で17億9651万株。