日テレNEWS
経済
2017年4月18日 22:13

世耕経産相、米・ロス商務長官と会談

 世耕経済産業相はアメリカのロス商務長官と会談し、インフラやサイバーセキュリティーなどの分野で協力を進めていくことで一致した。

 世耕大臣とロス長官の会談は経産省で行われ、1時間の予定を30分以上オーバーして行われた。会談ではインフラのプロジェクトやサイバーセキュリティーの強化など経済協力を進めるほか、自由で公正な貿易を進めるため通商分野に詳しい法律の専門家同士が連携をしていくことで一致した。

 アメリカのTPP(=環太平洋経済連携協定))離脱表明を受け、日米二国間の貿易ルールをめぐっても話しあわれたということだが、FTA(=自由貿易協定)への言及がなかったこと以外、詳細は明らかにされなかった。アメリカが問題視している日本との貿易赤字についても会談では取り上げられなかったという。

 このほか、経営問題に揺れる東芝をめぐっては両国政府で情報交換を続けていくことを確認した。

 世耕大臣とロス長官は6月に再びワシントンで会談する予定だが、日米間では、麻生副首相とペンス副大統領による経済対話が始まったことからその協議を受け、今後、貿易ルールの交渉がどのように進むかが焦点となる。