日テレNEWS
経済
2017年6月2日 16:42

日経平均株価、1年半ぶりに2万円超え

 2日の東京株式市場で日経平均株価は大きく値を上げ、1年半ぶりに2万円を上回った。終値は1日の終値に比べて317円25銭高い2万177円28銭だった。

 前日のアメリカ・ニューヨーク市場でダウ平均株価など主要な株価指数がそろって過去最高値を更新した流れを受け、東京株式市場でも買い注文が広がった。為替相場が円安ドル高に振れていることや、日本企業で過去最高益を出す企業が多くなっていることも株価を押し上げた。

 2万円の大台を超えたことで投資家らの心理が強気に傾き、午後に入ると一段と上げ幅を広げ、終値は2015年8月以来、約1年10か月ぶりの高値水準となった。

 東証1部の売買代金は概算で3兆2232億円と今年2番目の大きさだった。売買高は概算で23億1512万株。