日テレNEWS
経済
2017年6月7日 16:29

様子見ムードの中、3営業日ぶり反発4円高

様子見ムードの中、3営業日ぶり反発4円高
(c)NNN

 7日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに値を上げた。終値は前日比4円72銭高の1万9984円62銭。

 8日に行われるイギリスの総選挙など海外の重要なイベントを控え、市場には様子見ムードが広がった。外国為替市場で円相場が1ドル=109円台と円高方向に傾いていることから、東京市場では輸出関連銘柄を中心に売り注文が入った。一方、午後には円高の進行が落ち着いたことや割安になった株に買い注文が入ったことから、株価は上昇に転じ、心理的な節目の2万円台を超える場面もあった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆3239億円、売買高は概算で17億1817万株。