日テレNEWS
経済
2017年6月22日 12:55

タカタ民事再生法申請へ“戦後最大規模”か

 自動車部品メーカーのタカタが来週26日にも民事再生法の適用を申請する方向で最終調整していることが分かった。

 タカタは、アメリカでエアバッグの破裂による死亡事故が相次いだことから世界中にリコールが広がり、経営難に陥っている。自動車メーカーからは、エアバッグなどの部品が今後も安定的に供給されるよう、透明性の高い方法での再建を求める声が上がっていた。

 関係者によると、タカタは、来週26日にも東京地裁に民事再生法の適用を申請する方向で最終調整しているという。負債総額は1兆円を超えるとみられ、製造業の破綻としては戦後最大規模となる見通し。