日テレNEWS
経済
2017年7月3日 16:20

日経平均小幅高 自民惨敗影響ほぼみられず

日経平均小幅高 自民惨敗影響ほぼみられず
(c)NNN

 3日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に値を上げた。終値は先週末比22円37銭高の2万55円80銭。

 3日朝に発表された6月の日銀短観で、企業の景況感を示す指数が市場の予想を上回ったことから投資家の心理が上向き、株価は上昇した。このところ円安傾向が続いていることも株価を支えた。

 一方、東京都議会議員選挙で自民党が惨敗したことを受け、安倍政権の政権運営に対する懸念も出ているが、市場への影響はほぼみられなかった。

 また、4日のアメリカ独立記念日を前に3日のアメリカ市場は取引時間が短縮されるため、海外の市場参加者が少なく、取引は低調だった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆509億円、売買高は概算で16億109万株。