日テレNEWS
経済
2017年7月13日 7:29

NYダウ123ドル高 過去最高値を更新

 12日、アメリカ・ニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、今後の利上げのペースが緩やかになるとの見通しから120ドル以上値を上げ、過去最高値を更新した。

 12日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価は前日比123ドル07セント高の2万1532ドル14セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は67.87ポイント上がり6261.17だった。

 この日はFRB(=連邦準備制度理事会)のイエレン議長が、議会証言の中で「今後数か月間の物価の動向を注視する」などと発言したことを受け、今後の利上げのペースが緩やかになるとの見方が広がり、安心感から幅広い銘柄に買いが入った。また、前日に続き原油の先物価格が上昇したことでエネルギー関連株が買われたことや、ハイテク株にも買いが入ったことで、ダウ平均株価は約1か月ぶりに過去最高値を更新した。

 市場関係者は「このところ金利が下がるとハイテク株が買われる傾向があり、この日の利上げ観測の後退を受け、ハイテク株が買われた側面もある」と話している。