日テレNEWS
経済
2017年9月20日 21:24

財政健全化目標先送り検討 2年程度視野に

財政健全化目標先送り検討 2年程度視野に
(c)NNN

 政府は2020年度にプライマリーバランス(=基礎的財政収支)を黒字化する目標を先送りする検討に入った。2年程度の先送りを視野に入れている。

 政府はこれまでプライマリーバランスの黒字化、つまり国の政策にかかる費用をその年度の税収などでまかえるようにするという目標を2020年度に達成するとしてきた。

 安倍政権は再来年の10月に消費税率を10%に引き上げる予定だが、その増収の一部を新たに幼児教育の無償化など、教育の充実にあてることを検討している。増税分が支出にまわれば、国の借金を穴埋めするためのお金が減るため、財政健全化目標の達成を2年程度先送りする検討を始めたもの。

 2020年度の目標達成は国際的な公約にもなっていて、先送りすれば日本の財政に対する信用を損なう恐れがある。