日テレNEWS
経済
2017年11月2日 17:00

日経平均 節目の2万2500円を上回る

日経平均 節目の2万2500円を上回る
(c)NNN

 2日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げ、節目の2万2500円を上回った。平均株価の終値は前日比119円4銭高の2万2539円12銭。

 東京株式市場では決算が好調な企業の銘柄を中心に買い注文がふくらんだ。1日に大きく値上がりした反動や3連休前で、利益を確定する目的の売り注文が出て、平均株価は値を下げる場面もあったが、2日の取引の終了にかけては、上げ幅を広げた。平均株価の終値で2万2500円台を付けるのは、1996年6月28日(2万2530円)以来、約21年4か月ぶり。

 東証1部の売買代金は、概算で3兆3088億円。東証1部の売買高は、18億6848万株。