日テレNEWS
経済
2017年12月5日 8:13

NYダウ58ドル高 過去最高値を更新

 4日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、トランプ政権が掲げる税制改革法案を議会・上院が可決したことを受け、買いが優勢となった。ダウ平均株価は58ドルあまり値を上げて、過去最高値を更新している。

 4日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価は、前週末比58ドル46セント高の2万4290ドル05セントと、過去最高値を更新して取引を終えた。一方、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は72.22ポイント下げて6775.37で取引を終えている。

 トランプ政権が掲げる法人税減税を柱とした税制改革法案が2日、議会・上院の本会議で可決された。年内の税制改革実現の期待感が高まったことで、上げ幅は一時300ドルを超えたが、その後、目先の利益を確定させる売りが出たことで、上値は抑えられた。また、相対的に税制改革の恩恵を受けにくいとされるアマゾン・ドット・コムなどのIT関連株が売られたことで、ナスダックは続落した。

 ただ、税制改革の実現には別の法案を可決している議会・下院との調整が必要で、市場関係者は「調整が難航すれば市場に失望感が広がる可能性もある」と話している。