日テレNEWS
経済
2018年2月9日 7:15

NYダウ 今週2度目1000ドル超下落

ダウ平均株価が2万4000ドル台を割り込んだ。8日のアメリカ・ニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、今週2度目の1000ドル以上の下落で取引を終えた。

この日は長期金利が一時、4年ぶりの水準まで上昇したことで企業への悪影響の懸念が広がった。

この結果、前の日の終値から1032ドル89セント値を下げ、2万4000ドル台を割り込んで取引を終えている。

下げ幅は今月5日以来、過去2番目となった。