日テレNEWS
経済
2018年3月29日 7:26

NYダウ 買い戻しの動き入るも9ドル安

28日のアメリカ・ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は前日大幅に下げた事を受け買い戻しの動きが一時入ったものの、最終的には9ドルほど値を下げて取引を終えた。終値は前日から9ドル29セント値を下げ、2万3848ドル42セントで取引を終えた。ハイテク株が中心のナスダック総合指数も59.58ポイント下げて、6949.23で取引を終えている。

28日は、前日に340ドルと大幅安だった事を受け、取引開始直後に買い戻しの動きが先行した。一方でトランプ大統領がアマゾン・ドット・コムへの課税強化を検討していると報じられた事を受け、大きく値を下げた。市場関係者は、「ホワイトハウスの報道官は会見で否定したものの、市場にはトランプ政権がアマゾンを狙い撃ちに課税するのではという観測が広がった」と話している。

一方で、情報流出問題で下げが続いていたフェイスブックはこの日、プライバシー対策を打ち出した事が好感され、上昇した。

市場関係者は「今週は、あす発表されるFRB(=連邦準備制度理事会)がインフレを判断する指標として重視するPCEデフレーターの値に注目している」と話している。