日テレNEWS
経済
2018年5月10日 17:15

日経平均 米市場の上昇うけ買い優勢に

日経平均 米市場の上昇うけ買い優勢に
(c)NNN

10日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げた。終値は前日比88円30銭高の2万2497円18銭。

前日のアメリカ市場が上昇したことや10日の上海、香港などアジア市場が堅調に推移したことなどから買い注文が優勢となった。円相場が1ドル=110円に迫る水準まで円安方向に動いたことも株価を押し上げた。

国会では加計学園の問題をめぐり、柳瀬元首相秘書官の参考人招致が行われたが、売買の判断材料とみる投資家は少なく、影響はなかったとみられる。

東証1部の売買代金は概算で2兆6308億円、売買高は概算で15億4244万株。