日テレNEWS
経済
2018年5月23日 11:56

森友問題 財務省「ない」と答弁の記録提出

森友問題 財務省「ない」と答弁の記録提出
(c)NNN

森友学園をめぐる国有地売却問題で、財務省は、当時の佐川理財局長が国会で「ない」と答弁していた財務省側と学園側との交渉記録を、23日朝、国会に提出した。

財務省が提出したのは、およそ3000ページの改ざん前の決裁文書や957ページの森友学園側との交渉記録。

2016年3月、理財局の幹部と森友学園の理事長だった籠池被告とのやりとりや、安倍首相の昭恵夫人の名前、さらに昭恵氏付きの職員だった谷査恵子氏と財務省側のやりとりなどが記されている。

交渉記録について、佐川氏は国会で繰り返し「廃棄した」と答弁してきた。

このほか、およそ30ページの「本省相談メモ」も提出された。このメモも、今年4月、太田理財局長が国会で追及を受けた際「まだ発見できていない」と答弁していたもの。

一方、交渉記録について、去年2月に国会で取りざたされた後、理財局の職員が交渉記録を廃棄するよう指示していたことも新たにわかった。

文書改ざんに加え交渉記録の廃棄も指示していたことで、財務省の責任がさらに厳しく問われることになりそうだ。